番組

スゴろく

放送内容のご案内 [スゴろくのすゝめ #2 甲府城下(4月21日)]

スゴろくのすゝめ #2 甲府城下

今日のテーマは「甲府城下の町」

今日のテーマは「甲府城下の町」
武田家滅亡後に築城された「甲府城」。
江戸時代、現在の舞鶴城公園の周りには、
武士(上府中)・町人(下府中)が囲むように暮らしていました。
今回は、賑わいを見せていた町人町にスポットを当てました。

賑わう町人町 中でも…

賑わう町人町 中でも…
町人町、下府中には23の町がありました。
その中でも11の町が賑わっていたそうです。

甲府に時を知らせる鐘

甲府に時を知らせる鐘
現在の中央2丁目の信号あたりが「近習町」。
節分祭り「だいじんさん」で知られる横近習町の大神宮の
前にあった歓喜院というお寺の境内に
「時の鐘」がありました。
現在、かなり近い姿で復元されているのが
甲府駅北口の甲州夢小路にある「甲府 時の鐘」です。

時の鐘が区切っていたのは?

時の鐘が区切っていたのは?
一日12回撞かれ、時を区切っていたのが
①防犯のための木戸の開閉
②用水の使用時間
③銭湯の営業時間
だったそうです。
明治5年まで、この鐘が鳴らされていたそうですよ。

商業の中心 八日町

商業の中心 八日町
現在の城東通りは甲州道中沿いで、商業の中心として
大きな商家が軒を連ね、とても賑わっていたとか。
また、甲府の町には歌舞伎を上演する芝居小屋もあり、
和菓子「升屋」は人気店で
江戸の人気歌舞伎役者 七代目 市川團十郎を
贔屓にしていたそうです。

京都から持ち帰って植えた苗

京都から持ち帰って植えた苗
八日町で400年続く奥村家。
元々は「麻屋」という呉服店でした。
その七代目が江戸時代から続く醤油店を買い取り
現在も樽仕込みの醤油を造るのが奥村醤油店です。

京都へ呉服を仕入れに行った際に持ち帰ったというのが
梅の苗でした。

梅の名所 不老園

梅の名所 不老園
甲府市酒折の別荘にその梅の苗を植え
現在、甲府に春を告げる名所として知られる
「不老園」となっています。

バックナンバー

スゴろくのすゝめ #2 甲府城下

2020.04.21

スゴろくのすゝめ #2 甲府城下