番組

スゴろく

放送内容のご案内 [やまなしを学ぼう! スゴろくのすゝめ #1 富士山(4月14日)]

やまなしを学ぼう! スゴろくのすゝめ #1 富士山

今日のテーマは世界に誇る『富士山』

今日のテーマは世界に誇る『富士山』
火曜担当の太郎ちゃんが山梨に来れないため
緊急企画スタート!
先輩・やまなし大使の太郎ちゃんから
まだ山梨初心者のケンキさんへ
「もっと山梨を知ってほしい!」とクイズを出題!
初回のテーマは『富士山』です。

太郎ちゃんが訪れた「御師の家」って?

太郎ちゃんが訪れた「御師の家」って?
先週の放送で太郎ちゃんがお邪魔した
富士吉田市の大雁丸さんのお宅。
元々、御師の家だった古い建物をリノベーションして
ゲストハウスやカフェをされていました。
「御師」とは、富士山に仕える神職で
信仰登山にやってくる富士講の旅には
欠かせない場所です。

なぜ「講」、グループで富士山に登るの?

なぜ「講」、グループで富士山に登るの?
江戸時代の最盛期には関東に約9000もあったという富士講。
富士の頂きに詣でることは、人々の願い…。
しかし当時の庶民にとっては高額だった
登山費用をねん出するため
有志が集まり資金を出し合ったのが「富士講」です。

健脚だった江戸時代の人たち

健脚だった江戸時代の人たち
江戸・日本橋から甲州街道を歩き富士の麓・吉田へ。
約120㎞の距離がありました。
当時の人たちは、一日に30~40㎞歩いたといい、
吉田までは3~4日で、そこから富士山頂までは1泊2日で登ったので
片道5~6日の行程でした。
長く大変な旅路も富士山への厚い信仰心から
苦にすることなく、大勢の人が訪れたと言います。

千円札の裏側に描かれた富士山

千円札の裏側に描かれた富士山
現在の千円札の裏側に描かれているのは
今から85年前、昭和10年に撮影された
写真家・岡田紅陽の『湖畔の春』という作品が
モデルとなっています。
紙幣では大輪の花を咲かせた桜と共に
描かれていますが…。

実際の写真は…ツツジ

実際の写真は…ツツジ
実際に本栖湖湖畔から撮影された紅陽の作品には
ツツジの花が写っています。
今も昔も変わらぬ姿で人々を魅了する
「富士山」にまつわるクイズ。
テレビの前の皆さんは何問正解できましたか?

バックナンバー

やまなしを学ぼう! スゴろくのすゝめ #1 富士山

2020.04.14

やまなしを学ぼう! スゴろくのすゝめ #1 富士山