スゴろくニュース

必要のないパーツを発注し会社に約690万円の損害を与えた会社員の男を逮捕 山梨

2022.01.12 19:56

仕入れる必要のない貴金属パーツを発注し、勤務する会社に約690万円の損害を与えたとして山梨県甲府市の会社員の男が逮捕されました。
背任の疑いで逮捕されたのは甲府市羽黒町の会社員、藤井宏昇容疑者(54)です。
藤井容疑者は甲府市内の貴金属製品の製造販売会社に勤務していて、2017年から2018年に仕入れる必要のない約1580グラムの貴金属パーツを会社名義で38回にわたり発注し、約690万円の支払いを会社に負担させた疑いが持たれています。
藤井容疑者は受け取ったパーツを業者に売却していて「生活費や借金の返済に充てた」などと容疑を認めているということです。


112日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース