スゴろくニュース

土器や土偶の人気ナンバーワン決める「縄文ドキドキ総選挙」1位&2位が山梨出土品

2021.11.23 19:15

土器や土偶の人気ナンバーワン決める「縄文ドキドキ総選挙」1位&2位が山梨出土品

縄文時代の土器や土偶の人気ナンバーワンを決める総選挙が行われ、山梨の出土品が1位と2位を独占しました!全国の遺跡から出土した縄文時代の土器や土偶がエントリーした「縄文ドキドキ総選挙」。
全国から40件の応募があり、インターネットなどで投票が行われていました。
1位となったのは、南アルプス市の鋳物師屋遺跡から出土した「人体文様付有孔鍔付土器」。
高さ54センチほどの樽型をした土器です。
名前の「有孔」とは、土器の縁にある小さな穴で「鍔」は出っ張りのこと。
有孔鍔付土器は出土量も少なく、使用目的も謎に包まれた、希少価値の高いものです。
これほどまでにはっきりと全身が描かれ、大きな土器は他に例がないといいます。
そして、2位も山梨県の出土品。
韮崎市の石之坪遺跡の土偶・愛称「ミス石之坪」です。
きれいに磨かれた肌と、見る角度によって表情が変化するところに、古代の作り手の息遣いを感じます。
1位の土器は、南アルプス市ふるさと文化伝承館で、2位の土偶は、韮崎市民俗資料館で展示されています。
ドキドキ総選挙での快挙は、山梨に埋もれていた魅力を再発見することにもなりそうです。


1123日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース