スゴろくニュース

異例の短期戦 衆議院が解散 山梨は2つの小選挙区で6人が立候補予定 31日投開票

2021.10.14 19:53

衆議院の解散で事実上の選挙戦がスタートします。
山梨県内では2つの小選挙区に計6人が立候補を予定しています。
県内の小選挙区に立候補を予定しているのは1区に3人、2区に3人の計6人です。
1区で前回無所属で勝利した中島克仁さんは今回、立憲民主党の公認候補です。
街頭演説に力を入れていて、10月10日の総決起集会では主に新型コロナ対策を訴え支援組織とともに必勝を誓いました。
一方、前回中島さんに敗れ比例復活した自民党の中谷真一さんは今回は背水の陣で臨みます。
コロナ禍での経済対策などを主に訴えていて10月16日の総決起集会で結束を呼びかける予定です。
また「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の辺見信介さんはSNSで新型コロナ対策など政策を発信し知名度アップと支持拡大を図っています。
続いて2区自民党の堀内詔子さんは10月発足した岸田新内閣で大臣に就任し陣営は追い風と捉えています。
10月10日の街頭演説では国民の命と健康を守る対策を進めていくと強調しています。
また立憲民主党の市来伴子さんは衆議院解散後の10月14日午後、早速、山梨県笛吹市のJR石和温泉駅前で街頭演説を行い格差の是正を訴え支持を呼びかけました。
共産党の大久保令子さんも10月14日午後忍野村で街頭に立ちました。
これまでもこまめに街頭演説を行っていて、国民の声を反映させた政治を目指すと政権交代を訴えています。


1014日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース