スゴろくニュース

山梨県内に宿泊した人は去年の1.7倍 7月の宿泊統計 伸び率も全国2位

2021.10.13 20:01

今年7月に山梨県内に宿泊した人は47万9000人で、前年同時期と比べ1・7倍増えました。伸び率は全国2位です。

宿泊旅行統計調査によりますと、今年7月に県内のホテルや旅館に宿泊した人はのべ47万9000人で、前年同時期より約20万人、1.7倍増えました。伸び率は東京都に次いで全国2位の高さです。

宿泊者の内訳は、日本人が47万3000人外国人が6000人でした。

県は宿泊施設でのグリーン・ゾーン認証が浸透したことや、事前合宿を含めた東京オリンピック関連で海外からの宿泊者がいたこと。それに高齢者のワクチン接種が進んだことなどが背景にあるとみています。

ただコロナ前のおととしと比べると半数にとどまっているので、観光業はまだ回復したとは言えないとしています。


1013日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース