スゴろくニュース

富士スバルライン 雪崩で橋に亀裂 迂回路設置へ

2021.04.08 19:32

3月、スラッシュ雪崩が発生した富士スバルラインの橋に、複数の亀裂が見つかったことが明らかになりました。
山梨県は迂回路を設置して、ゴールデンウィークまでの開通を目指しています。
富士山の麓と5合目を結ぶ富士スバルラインは3月22日、土砂なども巻き込んだスラッシュ雪崩が確認され、4合目から5合目にある4か所の洞門や橋に、雪や土砂が流れ込みました。
県が被害状況の調査を行ったところ、これまでに5合目から約1キロ下にある石楠花橋で、橋げたに幅1ミリほどの亀裂が複数か所見つかったということです。
また、雪崩で押し出され道路が、約30センチずれたほか、橋全体が5センチから6センチ浮き上がっている状態だということです。
県は、さらに細かい調査を進め、補修するか架け替えるか判断することにしていて、今後は橋を迂回する仮の道路を設置し、ゴールデンウィークまでの開通を目指すとしています。


48日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース