スゴろくニュース

歩行者の安全確保など重点 春の全国交通安全運動始まる

2021.04.06 20:08

重点目標は、高齢者を含む歩行者の安全確保などです。
春の全国交通安全運動が始まり、山梨県庁で出発式が行われました。
2021年の春の全国交通安全運動は、子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全確保や二輪車の交通事故防止などを重点項目にしています。
初日の4月6日は、県庁で出発式が開かれ、警察や県庁などの関係者、約70人が参加しました。
2020年に県内で発生した交通事故の死者数は戦後最少となりましたが、死亡した21人のうち、6割の12人を高齢者が占めています。
出発式で県警の大窪本部長は「高齢者が関わる事故が多発しており、事故防止に努めてほしい」と挨拶しました。
この後、県警交通機動隊の白バイが、交通違反の取り締まりに出発しました。
春の全国交通安全運動は、4月15日まで行われます。


46日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース