スゴろくニュース

山梨県甲府市の社会福祉法人で贈収賄事件 法人の価値を狙い?

2021.02.26 20:08

山梨県甲府市の社会福祉法人を舞台にした贈収賄事件、容疑者らが法人の持つ価値を狙って運営権を握ろうとした疑いもあるとみられています。
この事件はおととし、甲府市の社会福祉法人「大寿会」の役員人事をめぐり、理事長の高橋克己容疑者ら3人から法人の評議員5人へ、20万円ずつの賄賂の受け渡しがあったとして2月25日贈賄と収賄の疑いで8人が逮捕されたものです。
捜査関係者によりますと、高橋容疑者は合わせて100万円の賄賂について、「贈賄側のほかの2人が用意し、自分が渡した」などと供述しているということです。
また、高橋容疑者らは賄賂を贈った評議員全員に新たに評議員を選任する際には退任する約束も取りつけるなど人事権を掌握しようとしていたとみられています。
この法人の土地や建物はリニア中央新幹線の山梨県駅が予定されている場所近くで警察では高橋容疑者らがこうした法人の価値も踏まえて運営権を握ろうとした疑いもあるとみて捜査を進めています。


226日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース