スゴろくニュース

役員人事で賄賂 社会福祉法人の理事長ら8人逮捕

2021.02.25 19:00

山梨県甲府市の社会福祉法人で役員人事を巡り賄賂の受け渡しがあったとして法人の理事長ら8人が逮捕されました。
改正された社会福祉法では全国初の適用です。
逮捕されたのは贈賄側が甲府市の社会福祉法人「大寿会」理事長高橋克己容疑者ら3人。
収賄側がいずれも法人の評議員で甲府市上石田の若林正俊容疑者ら5人です。
警察によりますと高橋容疑者ら3人はおととし、役員人事を巡り法人の評議員5人に賄賂を贈り5人は1人当たり現金20万円を受け取った疑いが持たれています。
評議員は役員の選任などを決めますが高橋容疑者らは評議員7人のうち5人に賄賂を贈っていました。
このあとの評議員会では理事長を除く理事5人全員と監事1人の人事が高橋容疑者らが依頼した通りに決議されたということです。
警察は容疑者の認否を明らかにしていませんが捜査関係者によりますと収賄側は概ね容疑を認めているということです。
警察は高橋容疑者らが意に沿う理事を選任してもらうことで都合のいい法人運営をしようとした疑いもあるとみて事件の全容解明を進めています。
「大寿会」では去年、前の理事長が3700万円を横領し実刑判決を受けていてその捜査過程で今回の贈収賄事件が浮上しました。
なお、社会福祉法は法人の公益性を踏まえて2016年に改正され贈賄罪と収賄罪が盛り込まれましたが適用は全国ではじめてだということです。


225日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース