スゴろくニュース

緊急事態宣言 延長へ 時短要請1週間 苦境に立つ卸売業者

2021.02.01 19:20

飲食店などへの時短要請から1週間。
東京などへの緊急事態宣言も延長される見通しとなり、水産物の卸売業者は売り上げの減少で苦境に立たされています。
山梨県甲府市地方卸売市場、水産棟では月初めは景気づけも兼ねて、普段なら品物をいつもより多く仕入れますが、2月1日は少し様子が違います。
静岡などで水揚げされたキハダマグロは1年前の同じ時期と比べて約半分となる100本ほど、今が旬のたらやカキなどもまばらです。
背景にあるのは、新型コロナウイルスによる需要の激減です。
GoToトラベルの停止や1都3県などへの緊急事態宣言により、ホテルなどでの需要が大きく減ったといいます。
さらに1月25日からは飲食店などへの時短要請が始まりました。
要請に応じた飲食店には協力金が支給される一方、それによって売り上げが減った卸売業者に対する支援は今のところありません。
このため生鮮食品を卸している業者の組合は1月27日、県に支援を要望しました。
東京などへの緊急事態宣言が延長される見通しとなり、卸売業者にとっては厳しい状況が続きます。


21日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース