スゴろくニュース

企業間で人材を活用 「人材シェア」で山梨県が協定

2020.11.27 19:15

新型コロナウイルスによる失業などを防ぐため、企業間で人材を有効活用しようという取り組みです。
山梨県と産業雇用安定センターが「人材シェア」に関する連携協定を結びました。
この連携協定では、新型コロナウイルスで休業を余儀なくされ、人材が余っている企業などから人手不足の企業へ労働者を送る取り組みを行います。
具体的には、山梨県は調査会社を通じて山梨県内、約1万5000社の状況を調べ、産業雇用安定センターがその情報をもとに社員を送り出す企業と迎える企業のマッチングを支援します。
人件費の抑制や社員のスキルアップを図れるメリットもあり、山梨県とセンターは雇用維持などにつなげたいとしています。


1127日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース