スゴろくニュース

貴金属会社の売上金 1億5000万円を横領疑い 元社員を再逮捕

2020.11.25 19:00

新たに約1億5000万円を横領した疑いが持たれています。
山梨県甲斐市の貴金属会社で売上金を横領したとして逮捕・起訴された元社員の男が11月25日再逮捕されました。
業務上横領の疑いで再逮捕されたのは甲斐市の貴金属会社「光・彩」の元社員で千葉県八千代市の山下直人容疑者です。
警察によりますと山下容疑者は経理の責任者をしていた2015年から約2年間、会社の口座から176回にわたり約1億5000万円を横領した疑いが持たれています。
会社の使われていない口座に現金を移す手口で犯行を繰り返していたとみられています。
山下容疑者は会社の売上金1200万円を横領したとしてすでに逮捕・起訴されていて、いずれも容疑を認め「マンションや高級外車の購入に使った」などと供述しているということです。
なお会社の調査では被害額は約4億円に上るとされ、警察が余罪を調べています。


1125日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース