スゴろくニュース

廃止方針の山梨県立八ヶ岳スケートセンター 山梨県北杜市 市営化に向けた協議開始

2020.10.30 19:15

山梨県の長崎知事が廃止の方針を示した県立八ヶ岳スケートセンターについて、
山梨県北杜市は、存続させるため市営化に向けた協議を始めました。
北杜市の県立八ヶ岳スケートセンターは、利用者数の目標を達成できず、今後多額の修繕費が見込まれることから、県は今年度限りで廃止の方針を示しています。
長崎知事は廃止の理由として「地元から再生計画が出ていないため」と説明している一方、市は「再生計画を求められていない」とし、意見が食い違っています。
市は、このままでは廃止の方針は変わらないと判断し、存続のため市営化に向けた協議を始めたことを明らかにしました。
市は、施設を譲り受けて市営施設に移行することなどを県に提案することを決め、課題となっている運営資金は、クラウドファンディングやネーミングライツなどで補い、存続させたいとしています。


1030日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース