スゴろくニュース

浮き輪やロープ届ける 山梨県本栖湖でドローンを使った水難救助訓練

2020.10.14 19:20

ドローンを使っておぼれた人に素早く救助用の浮き輪やロープを届ける訓練が10月14日、山梨県の本栖湖で行われました。
この訓練は峡南消防本部とドローンの製造・販売をおこなう身延町のサイトテックが初めておこなったものです。
使われたのは直径約180センチで最大80キロの荷物を運べるドローンです。
訓練は本栖湖の沖合50メートルで男性がおぼれているという想定で行われ岸から飛ばしたドローンで浮き輪や救助用のロープを男性に届けました。
今後、山岳遭難を想定した救助訓練も実施する予定で実用化に向けた検討も行うということです。


1014日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース