スゴろくニュース

山梨県内の新型コロナ 県が分析 家族や職場など 近い関係から感染

2020.10.13 19:40

山梨県は新型コロナウイルスの感染状況や特徴をまとめ家庭や職場など近い関係の人からの感染が多いと分析しています。
9月末までの県内の190例の感染例のうち感染者を年代別で見ると20代、30代が最も多く39・7%次いで60歳以上が28・6%となりました。
また、感染経路が特定できたのはほぼ半数の96人でこのうち感染源が県外の人はおよそ2割となっています。
感染が広がった場所は家族や親族など家庭内が35・1%で最も多く、次に職場が28・7%などとなりました。
感染症対策が専門の藤井充知事政策補佐官は「近い関係の人から感染するケースが多くみられる少しでも体調が悪い場合は出勤や外出を控え家庭内でも隔離などを心掛けてほしい」としています。


1013日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース