スゴろくニュース

七五三に向けて 山梨県の武田神社で千歳あめの準備

2020.10.06 19:00

11月15日の七五三に向けて、山梨県甲府市の武田神社で千歳あめの準備が行われています。
甲府市にある武田神社の社務所では、10月6日、2人の巫女が武田菱がついた特製の千歳あめを袋に詰めていました。
袋には、子どもたちが丈夫に育ち長生きできるよう願いを込めて、鶴や亀、それに武田信玄公のイラストが描かれています。
武田神社によりますと、袋詰め作業は3密を避けるため、例年より1か月早い9月上旬から千歳あめの準備を始めています。
また今年の七五三の参拝は、10月5日までに既に例年より1.5倍ほど多い約160組が訪れていて、新型コロナ対策で混雑を避け前倒しで訪れる傾向が強まっているということです。


106日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース