スゴろくニュース

山梨県韮崎市の県有地 県立射撃場の候補地 現地調査開始

2020.09.28 19:15

山梨県が整備する方針の県立射撃場について、建設候補地になっている韮崎市の県有地で現地調査が9月28日始まりました。
県立射撃場建設の候補地になっているのは韮崎市穂坂町三之蔵の約83ヘクタールの県有地です。
9月28日山梨県の現地調査が始まり職員と調査を行う業者が県有地に入って進入路や沢のある場所などを確認しました。
山梨県によりますと調査は11月末までの予定でこの調査で候補地が射撃場に適しているかや適していた場合工事費用や工期はどのくらいかかるかなどを調べるということです。
県立射撃場を巡っては以前にもこの場所が候補地となりましたが、県が費用などの問題で建設を断念していてその後も新たな整備計画は進まず凍結されてきました。
こうした中、長崎知事は去年野生動物の捕獲強化のためライフル射撃の実技研修ができる施設を新たに整備する方針を明らかにしその後韮崎市や猟友会からの要望を受けて再びこの場所を候補地に選定しました。
山梨県は今回の調査結果をもとに韮崎市や猟友会などとも協議しながらできるだけ早い時期に建設するか判断することにしています。


928日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース