スゴろくニュース

避難所での新型コロナ対策を学ぶ研修会

2020.09.27 18:00

避難所での新型コロナ対策を学ぶ研修会

新型コロナウイルスに対応した避難所の運営について学ぶ研修会が山梨県都留市で行われました。
この研修会は災害の発生に備え避難所の運営にあたる各地区の防災リーダーなどを対象に都留市が行ったものです。
9月27日は約160人が参加して、市が作成したチェックシートを用いての避難者の体調確認の手順や共有部分の消毒方法など、感染拡大の防止策を学びました。
また段ボールのベッドを設置し、パーティションで仕切って個室スペースを設けるといった対応を市の職員の指導を受けながら実践していました。
避難者1人あたりの占有スペースは約3平方メートルとされる上、隣の人との間隔を1メートル以上離すことが求められるため、避難所の収容人数はこれまでより大幅に少なくなることが見込まれます。
このため、市は災害の恐れがあるときは安全な場所に住む親せきや知り合いの家に避難することも検討してほしいと呼びかけていました。


927日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース