スゴろくニュース

新型コロナ感染拡大で 沖縄県へ派遣された看護師 活動を報告

2020.09.16 19:20

新型コロナウイルスの感染が拡大し医療体制がひっ迫していた沖縄県に山梨県内から派遣された看護師が長崎知事に活動を報告しました。
県立中央病院の看護師、三森寛士さんと有泉凱さんの2人は応援要請に基づき8月27日から9月9日までの2週間、沖縄県のかんな病院に派遣されました。
かんな病院では院内感染が発生して看護師が不足し三森さんは感染者の、有泉さんは濃厚接触者の対応にあたったということです。
2人は活動を振り返り「人員的にも環境的にも物資的にも厳しい状況だった」と知事に報告していました。
長崎知事は「2人の活躍で多くの沖縄の人が救われたと思います。
山梨県民を代表し敬意を表します」とねぎらいの言葉をかけていました。


916日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース