スゴろくニュース

さあ夏休み 9割の222校 公立の小中学校 1学期の終業式

2020.07.31 19:15

多くの小中学校で夏休みに入りました。
山梨県内の公立小中学校246校のうち9割にあたる222校で7月31日、1学期の終業式が行われ子どもたちの夏休みが始まりました。
甲府市立東小学校は7月31日、それぞれの教室でテレビを使った終業式が行われ代表の児童が給食当番や算数の勉強など1学期に頑張ったことを発表しました。
1年生の教室では担任の先生から初めての通信表と1学期頑張ったことを称える賞状が手渡され子どもたちは楽しみにしていた夏休みに入りました。
甲府市の小中学校は新型コロナウイルスの影響で入学式と始業式が5月下旬にずれ込み授業に遅れが出ています。
このため甲府市の小学校は38日間から17日間に夏休みを21日短縮したほか朝学習の時間を活用するなど学校ごとに時間割を組み替えることで授業時間を確保することにしています。
県内の公立小中学校の今年の夏休みは平均しておよそ19日間と、去年より13日ほど短くなっていて最も長いのが丹波山村の小中学校で32日間、最も短いのが山中湖村の小学校で14日間となっています。
甲府市の小中学校の2学期の始業式は8月18日に行われます。


731日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース