スゴろくニュース

地域コーディネーターら 子どもの貧困対策 地域連携へ研修会

2020.07.30 19:20

貧困世帯の相談窓口で地域のまとめ役となる地域コーディネーターと市町村や団体の連携を図ろうと山梨県甲府市で研修会が開かれました。
「地域コーディネーター」は、子供がいる貧困世帯に適切な支援をするために県が2年前から養成してきた地域のまとめ役で、県内に93人います。
7月30日はコーディネーターと市町村の担当職員らの連携を図ろうと研修会が開かれ、東京都内で子どもの貧困対策に取り組む団体の代表が講演しました。
講演では夏休み中の学童保育での給食の提供や困ったことを相談できる居場所として学校内へのカフェの設置といった他県の自治体の取り組みを紹介しました。
その上で、地域で連携するためには支援する側が学校現場とつながりを作ることや自治体のすべての部署が子どもの貧困対策にかかわることが必要などとアドバイスしました。
県内では10人に1人の子どもが貧困状態にあるとされていて今後はコーディネーターが中心になり市町村ごとに支援のネットワークを作ることにしています。


730日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース