スゴろくニュース

食品メーカーが商品化 山梨県大月市産の新玉ねぎハンバーグ試食会

2020.07.16 19:20

食品メーカーが商品化した山梨県大月市産の新玉ねぎを使ったハンバーグの試食会が開かれました。
販売5年目となり参加農家が増えていて市では遊休農地の解消に期待を寄せています。
千葉県の食品メーカー「石井食品」は2016年から大月市産の新玉ねぎを使用したチルドのハンバーグを製造し、期間限定で販売しています。
7月16日、今シーズンの販売が始まるのを前に、小林市長や生産農家らをオンラインで結び、試食会が行われました。
この中で商品の開発担当者は大月市の新玉ねぎは小粒でうまみが凝縮されていることが特徴で、パティやトマトソースにふんだんに使用していることを説明しました。
また、小林市長はこの取り組みに参加する市内の農家が当初の1軒から17軒に増加していることに触れ遊休農地の活用に期待していると話しました。
このハンバーグ7月20日から県内のスーパーなどで販売されます。


716日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース