スゴろくニュース

インターネット上で資金募る 花火業者救済へクラウドファンディング実施

2020.07.10 19:15

山梨県市川三郷町伝統の花火産業を守ろうとインターネット上で資金を募るクラウドファンディングが始まりました。
新型コロナウイルスの影響で全国的に大規模な花火大会の中止が相次ぎ山梨県内でも最大規模の花火大会の神明の花火がすでに今年の開催中止を決めています。
こうした中苦境に立たされた花火業者を支援しようと神明の花火の実行委員会は、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを始めました。
出資金額は3000円から30万円までの6つのコースで、金額に合わせてオリジナルのタオルやポロシャツのほか、支援者の希望に沿った花火の打ち上げといったリターンを受け取ることができます。
目標金額は570万円で集まった資金は手数料を除き地元の業者でつくる「神明の花火倶楽部」を通じて花火業者の救済などに活用するということです。
受付期間は8月31日までで専用サイトの「CAMPFIRE」で申し込むことができます。


710日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース