スゴろくニュース

山梨県甲斐市の中学生 手作りマスクを医療施設などに贈る

2020.05.26 19:00

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を受けて、山梨県甲斐市の中学生が手作りマスクを医療施設などに贈りました。
甲斐市の竜王中学校は、5月25日学校が再開されましたが、休校中に自宅で過ごす時間を有効に使おうと生徒会と保健福祉委員会が手作りマスクの製作を企画しました。
そして全校生徒で作った約500枚のマスクが、毎年、職場体験の実習授業でお世話になっている市内の6つの施設などに贈られます。
このうち、甲斐市西八幡の医療施設「甲斐リハビリテーションクリニック」には生徒から55枚のマスクが手渡されました。
マスクは、一枚ずつ袋詰めされ、「こんな時こそ笑顔で乗り越えましょう」や「お互い頑張りましょう!」など心温まるメッセージが添えられています。
竜王中学校では、5月28日も介護施設などに手作りマスクを届けるということです。


526日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース