スゴろくニュース

児童生徒の声響く 休校続いた多くの公立小中学校が再開

2020.05.25 19:30

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休校が続いていた山梨県内の多くの公立の小中学校が5月25日再開しました。
このうち山梨県甲府市川田町の甲運小学校では、約2か月半ぶりに300人近い全校児童が登校し、1学期をスタートさせました。
感染症対策として、登校時に体温と咳や頭痛などチェック項目が書かれた健康カードを先生に見せ、手の消毒をしてから教室に入りました。
例年だと体育館で行われる新任式と始業式は各教室にあるテレビを通して行われました。
5月25日は、マスクの着用や手洗いの方法、または友達との距離を1メートル以上空けることなど、感染症予防について担任が説明しました。
甲運小学校では、登校時に児童が密接状態にならないよう、26日から班ごとの登校時間をずらすことなどを検討しています。
なお県内では、分散登校を行うなどの対応をとり、25日のほとんどの公立小中学校が再開しました。


525日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース