スゴろくニュース

対策を徹底した上で 新学期から学校再開 知事が要請

2020.03.24 20:00

山梨県の長崎知事は小中学校などの臨時休校について対策を徹底した上で4月の新学期から再開するよう3月24日、県教育委員会に要請しました。
判断の理由について3月7日以降、新たな感染者が出ていないことなどを挙げています。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた臨時休校は県内では長崎知事の要請で3月3日の午後から小中高校と特別支援学校で順次、実施されました。
こうした中、文部科学省はこの日、教室のこまめな換気や近い距離での会話や発言の際のマスク着用など学校再開のガイドラインを示しました。
これを受け、会見で長崎知事は県教育委員会に対し国の指針に基づき各学校で感染症対策を万全にしたうえで4月の新学期から学校を再開するよう要請したと明らかにしました。
判断の理由について3月7日以降、県内で新たな感染者が確認されていないことなどを挙げています。
また、入学式についても感染対策を十分にしたうえで実施してほしいと述べました。
ただ今後、学校で児童生徒や教職員に感染者が出た場合、県や各市町村の教育委員会で臨時休校などを検討するとしています。


324日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース