スゴろくニュース

山梨 新型コロナ県内2人目の感染者 県「南アルプス市と昭和町が主な生活圏」と公表

2020.03.08 02:00

山梨 新型コロナ県内2人目の感染者 県「南アルプス市と昭和町が主な生活圏」と公表

山梨県は県内の20代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。
県内での感染は2人目で、男性は意識障害があり重症だということです。
県によりますと、感染が確認されたのは県内に住む20代の会社員の男性です。
男性は2月27日、38度5分の発熱があり、28日と3月2日に頭痛やだるさを訴えて県内の2つの医療機関を受診しました。
男性は発症後は職場に出勤しておらず、6日、心配した家族などが自宅を訪ねたところ倒れていたため救急搬送されました。
男性は意識障害があり重症で、入院している中央市の山梨大学医学部附属病院で7日に検査したところ感染が確認されました。
本人から聞き取りができていないため、感染経路の特定につながる情報は得られていません。
県は、男性は1人暮らしで南アルプス市と昭和町を主な生活圏にしていたと公表し、このエリアに住む人で健康状態に不安のある人は保健所に連絡してほしいとしています。


38日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース