スゴろくニュース

教員のなりて不足解消へ フォーラム初開催

2019.12.08 22:02

教員のなりて不足解消へ フォーラム初開催

教員のなり手不足が課題となる中、山梨県甲府市で教員の魅力を伝えるフォーラムが初めて開かれました。
このフォーラムは教員のなり手不足の解消につなげようと山梨県教育委員会が初めて開いたもので、高校生や大学生約160人が参加しました。
8日は現役の教員がパネルディスカッションを行い、地元で働く魅力について「恩師と一緒に働ける」「家族や友人など、相談できる人が近くにいる」と説明していました。
山梨県内の小・中・高校を合わせた公立学校の教員採用試験の倍率は今年度3倍と、この10年で最も低くなっていて、県教育委員会では来年度から受験できる年齢の上限を59歳まで引き上げることにしています。


128日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース