ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

さかなクンや関係者がお祝い 県ブランド魚「富士の介」初出荷へ

2019.10.02 20:26

山梨県がおよそ10年の歳月をかけて開発したオリジナルの養殖魚、「富士の介」が初出荷を迎え10月2日、記念イベントが行われました。
イベントには生産者や市場関係者などおよそ120人が出席し、テープカットをして富士の介の初出荷を祝いました。
また魚の専門家で、富士の介の応援団長でもあるさかなクンも駆け付けその質の良さに太鼓判を押していました。
富士の介は、キングサーモンとニジマスを交配して開発した県のブランドの魚で、出荷サイズは50センチで2キロ以上と大きくて育てやすく、味がいいのが特徴です。
来年の本格流通を目指して養殖が進められていましたが、生育状況が良いため、時期を前倒しして今回、出荷されることになりました。
そして会場では富士の介の昆布〆や握り寿司などが参加者に振る舞われました。
富士の介は今後、東京の豊洲市場や県内のホテル、飲食店に出荷される予定で、山梨の新たな特産品として元気よく泳ぎ出します。


102日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース