ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

宮川典子衆院議員 乳がんで死去

2019.09.13 20:38

山梨市出身で自民党の宮川典子衆院議員が12日夜、乳がんのため亡くなりました。40歳でした。
自民党の宮川典子さんは山梨市出身で私立の中学高校の教員などを経て、2010年の参院選で国政に初めて挑戦しました。
この時は落選しましたが2012年の衆院選で山梨1区から立候補し初当選しました。
2014年の衆院選は小選挙区で敗れて比例代表で復活当選し、前回2017年の衆院選は選挙区の調整で南関東ブロックの比例単独候補で立候補し名簿順位1位で当選し、現在3期目でした。
この間文部科学政務官を務めるなど教育問題を中心に取り組みました。
宮川さんの事務所によりますと3年半ほど前に乳がんを患い闘病し、一時回復に向かいましたが再発したため今年7月17日から入院していたということです。
そして12日午後8時過ぎ、東京都内の病院で亡くなりました。40歳でした。
宮川さんの訃報に自民党関係者に悲しみの声が広がっています。
自民党県連の森屋宏会長は「突然のことで非常に驚いている。山梨県や国にとって大切な人材を失ったことが残念でならない」と話しました。
山梨県の長崎知事は「教育問題に大変熱心に取り組んでこられさらに助言をいただこうと思っていました。40歳と若く、政治家人生は始まったばかりで本当に心が痛みます」とコメントしています。
通夜と告別式は親族のみで行い今月29日に昭和町でお別れの会が執り行われる予定です。


913日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース