ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

実や葉に穴があく モモ農家 せん定など細菌病対策

2019.08.26 19:40

モモの果実や葉に穴があく細菌病が山梨県内全域に発生したことを受け、特産地の笛吹市では農家が枝をせん定するなど対応に追われています。
このモモせん孔細菌病は、強い風やひょうで実や葉が傷がつき、そこから細菌が入りモモの実や葉に穴があく病気で、県が注意報を出しています。
これまで発病例が少なかった笛吹市一宮町のモモ畑では8月26日、農家が病気に感染した枝を切り取り、燃やす作業に追われていました。
農家によりますと、来年の栽培に向けた秋の消毒は通常1、2回程度ですが、今年は、最低3回の消毒が必要だということで、枝や葉を落とすことで、消毒液が届くようにすると話していました。
JAでは、27日以降、農家を対象に細菌病対策の講習会を開く予定です。


826日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース