ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

74年前の8月13日 大月空襲 犠牲者の法要

2019.08.13 19:35

74年前にあった大月空襲で亡くなった人を悼む法要が8月13日、営まれ遺族などが平和への祈りを捧げました。
大月空襲は終戦2日前の8月13日に軍需工場などがあった大月市内の中心部がアメリカ軍の戦闘機に爆撃されて中高生を含め61人が犠牲となりました。
13日は、市内の寺で犠牲者を追悼する法要が営まれ遺族などおよそ50人が参列して祈りをささげました。
この空襲で妹を亡くした土屋礼子さんは、90歳で県外に住んでいるため法要へ参加することが難しくなっていると感じています。
参列するのは今年で最後かもしれないと臨んだ土屋さんは、妹の名前が刻まれた慰霊碑に向かうと、自らも通っていた都留高等女学校の校歌を歌って犠牲者を悼みました。


813日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース