ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

ラグビーW杯 事前合宿地 芝生の生育不良 関係機関が現地視察

2019.07.12 19:51

今年9月のラグビーワールドカップでフランス代表の合宿が行われる予定の富士北麓公園で、球技場の芝生が生育不良を起こしている問題で、7月12日、関係機関が現地を視察して今後の対応を協議しました。
富士吉田市にある富士北麓公園の球技場は一部の芝生が生育不良となり芝生を張り直す事態になっています。
この球技場は、今年9月に開幕するラグビーワールドカップを前にフランス代表が9月8日から合宿を行う計画で大会の組織委員会が県へ改善を求めていました。
12日、組織委員会や公園を管理する県などの関係者が現地を視察し、張り替えが終わった芝生の様子などを確認しました。
県が張り替えしたのは1200平方メートルでしたが、視察でこれ以外にも生育不良があるとして組織委員会からは県に対しさらに2000平方メートルほど改善するよう改めて指摘されたということです。
県は今後さらなる芝生の張り替えも含めて検討をしていく方針です。


712日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース