ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

官製談合事件で笛吹市が課長を懲戒免職

2019.02.13 18:50

官製談合事件で山梨県笛吹市が職員を処分です。
入札前に工事の価格を漏らしたとして、逮捕・起訴された課長の男を市は懲戒免職処分にしました。
「大変申し訳ございませんでした」(会見で謝罪する山下政樹市長)。
懲戒免職処分となったのは、山梨県笛吹市役所の総務部付の課長志村一仁被告(54)です。
志村被告は市発注の工事を巡り、市内の住宅設備会社社長に工事費などを教え、公正な入札を妨げたとされ先月、官製談合防止法違反などの罪で起訴されました。
笛吹市は13日記者会見で、志村被告の懲戒免職処分を発表するとともに改めて謝罪しましたが、去年12月にも不正な入札を巡り職員2人が逮捕され懲戒免職になったばかりです。
「自覚が足りない。意識を高めていく以外にない。こういうものが3人には欠落していたのではないか」(山下政樹市長)。
市では今月、法令順守の研修を行うほか、官製談合を防止するために公正取引委員会の講演を来月予定していますが、信頼回復に厳しい目が注がれています。


213日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース