ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

価格漏えい事件で笛吹市職員2人処分

2018.12.27 19:00

山梨県笛吹市が発注した工事の入札をめぐり、事前に価格を漏らした罪で罰金の略式命令を受けた2人の市職員が、懲戒免職処分となりました。
この事件は笛吹市が去年11月に発注した下水道工事をめぐり、価格の情報を事前に漏らしたなどとして笛吹市消防本部管理課の大村淳課長と市下水道課の中川和彦主幹、
それに市内の住宅設備会社の浅川順一社長の3人が、地方公務員法違反の罪でいずれも罰金40万円の略式命令を受けたものです。
笛吹市は27日に記者会見して謝罪し、大村課長と中川主幹を27日付けで懲戒免職処分にしたと発表しました。
また、管理監督責任として当時の消防次長と下水道課の課長を文書訓告とし、山下政樹市長と副市長は、自らの給与を減らす意向を明らかにしました。
今回の事件を受けて、笛吹市は新しい入札制度の確立を検討し、略式命令を受けた社長の会社は、入札資格の停止を含め処分する予定です。


1227日(木)