ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

飲酒事故、女性県職員を懲戒免職

2017.12.28 18:50

今年10月酒気帯び運転で摘発された県の職員が、きょう懲戒免職処分となりました。
懲戒免職となったのは、県福祉保健部衛生薬務課の鈴木妙子主任(37)です。
鈴木主任は今年10月12日自家用車を運転中、甲斐市内で道路脇のフェンスに衝突する事故を起こし、警察の調べで基準値を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転で摘発されました。
県によりますと、この日は県庁を退庁したあと、甲州市と甲府市内で友人とワイン7、8杯にチューハイを飲み、そままま車で帰宅する途中だったということです。
鈴木主任はおととい甲府簡易裁判所から罰金50万円の略式命令を受け、県は飲酒運転関係の処分の原則に基づいて懲戒免職とし、衛生薬務課の課長を口頭訓告としました。