ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

甲府の住宅街、サル出没相次ぐ

2017.11.08 18:50

甲府市下曽根町の住宅街にサルが相次いで出没しています。
このサルは人を威嚇することもありますが、なぜサルが住宅街に現れることになったのでしょうか。
道路の真ん中で消防隊を威嚇。
通学中の中学生に襲い掛かろうとするサル。
これはけさ甲府市下曽根町で地域の住民が撮影した映像です。
「こちらの住宅では住人があの屋根の上にいたサルに威嚇され、追いかけられたということです」(記者)。
この住宅の庭先にはサルがかじった柿が落ちていました。
住民からの通報を受け、きょうは消防と警察それに甲府市の職員がサルの捕獲に乗り出しました。
中学校や住宅が立ち並ぶ甲府市下曽根町では先月からサルの出没が相次ぎ、威嚇される人も多いということですが、サルに襲われてけがをした人は今のところ確認されていません。
「ブロック伝いに歩いていて、私が来たら追いかけてきたから家に入った」「通学時の子供が心配、これからサルが増えたら困る」(地元の住民)。
甲府市によりますと、下曽根町で目撃されたサルは3匹で、住宅の庭先に実っている柿などを求め山林から住宅街に下りてきたと分析しています。
「農家の高齢化で柿などが残るようになり、そういうものを求めて人里に下りてくるのではないか、まだ幸いにも群れで来ていないので、しっかり今来ているサルを山へ追い払いたい」(甲府市林政課小林正美課長)。
甲府市は今後サル対策に取り組む自治体から有効な対策を聞き、具体的な対応策を検討します。
また地域の住民にはサルを挑発せず、エサとなる柿や野菜は放置しないよう呼びかけることにしています。