ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

山梨県中央市の住宅 ドーベルマン逃走か 周辺は警戒

2019.12.09 19:55

山梨県中央市の住宅で飼われていた大型犬のドーベルマン1頭がいなくなり、現在も見つかっていません。
警察などが周辺を警戒し、近くの小学校は安全のため保護者らが車で児童を送り迎えしました。
12月8日、午後3時40分頃中央市山之神に住む男性から警察に「家で飼っているドーベルマンがいなくなった」と連絡がありました。
いなくなったのは5歳のオスのドーベルマン1頭で、体長およそ1.5メートル体重37キロほどで色は黒、足先は茶色で鎖の首輪がついています。
この住宅では5年前からドーベルマンを含めた3頭の大型犬を庭で飼育しています。
飼い主によりますと2頭の大型犬はオリの中で飼育し、ドーベルマンは首輪にワイヤーをつないで庭で飼っていましたが、午前9時頃、首輪の留め具が外れいなくなっているのに気付いたということです。
警察や中央市は周辺をパトロールしていますが、ドーベルマンはみつからず目撃情報や被害に関する情報は寄せられていません。
また田富北小学校は安全のため児童だけで歩いて登下校することを原則禁止し保護者らが車で送り迎えをし、9日は休み時間や授業で校庭に出ることも控えました。
ドーベルマンは警察犬として使われる賢い犬で飼い主によりますと「とても人懐っこい」ということですが、全国では一般で飼育されていたドーベルマンが人にかみつく事故も起きています。
警察は注意を呼び掛けるとともに見つけた場合、すぐ110番通報するよう呼び掛けています。


129日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース