スゴろくニュース

准看護師の男性発症後入院患者十数人と関る

2020.04.03 20:01

新型コロナウイルスに感染した山梨県の恵信甲府病院の男性准看護師について濃厚接触者として医療関係者を含む9人が特定され入院患者十数人と関りがあったことがわかりました。
山梨県内6例目として感染が確認された20代の男性患者は甲府市の飲食店のほか恵信甲府病院でも准看護師として勤務していたことがわかっています。
県は4月2日夜、会見を行いこの男性の濃厚接触者として病院の医療従事者6人を含む9人を特定しこの一部に対し4月3日PCR検査を実施するとしています。
また、甲府市保健所によりますと男性は病院で入院患者の歯磨きなどを担当していて、発症後十数人の患者と関りがあったことがわかりました。
患者は、健康観察中ですが発熱などの症状は確認されていないということです。
一方、県内9例目の北杜市の40代女性が大阪から山梨に戻るときに利用した夜行バスについて県は3月26日の午後10時・東梅田発クリスタルライナー甲府行きだったと明らかにしました。
このバスには約20人の乗客がいて女性は長坂高根バス停で下車して自家用車で帰宅したということです。


43日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース