ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

強風で倒壊 天然記念物のケヤキも 台風19号 山梨県内各地に爪あと

2019.10.14 19:58

強風で倒壊 天然記念物のケヤキも 台風19号 山梨県内各地に爪あと

河川の氾濫など全国に甚大な被害をもたらした台風19号の爪あとは山梨県内にも残っています。
自動車工場の倉庫は跡形もなく壊れ、200メートル南側の畑では農機具小屋がつぶれています。
台風19号が東日本に上陸した10月12日の夜、韮崎では県内の観測地点で最も強い最大瞬間風速35メートルの非常に強い風が吹きました。
この影響で韮崎市旭町上條北割では倉庫と小屋の倒壊や桃の木が折れる被害が相次いで確認されました。
風による被害は南アルプス市でも確認されました。
南アルプス市寺部にある樹齢1000年を超える国の天然記念物、「三恵の大ケヤキ」では、2つに分かれた木の幹のうち、直径およそ1メートルの片方の幹が裂けています。
市は国に被害を報告し、幹の撤去とケヤキの保護を検討します。
南アルプス市では、御勅使南公園でおよそ50本のマツが倒れたことも新たに分かり、折れたマツが直撃して一部の遊具が壊れました。そして、都留市の南西部を流れる鹿留川では、川岸がえぐられたように削られていて、川沿いの遊歩道の一部が流されました。
県は今後、現場付近を立ち入り禁止とし詳しい被害を確認することにしています。


1014日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース