番組

放送内容のご案内 [やまなし発見! 太郎ちゃんゼミナール 『ゲゲゲの山梨 ~妖怪と伝説~』(3月28日)]

やまなし発見! 太郎ちゃんゼミナール 『ゲゲゲの山梨 ~妖怪と伝説~』

山梨の摩訶不思議な世界へ!

今回のテーマは『ゲゲゲの山梨 ~妖怪と伝説』と題してお送りしました。
スタジオでは、山梨県立博物館 学芸員の
丸尾依子さんが解説。
民俗学が専門の丸尾さんがいざなう
摩訶不思議な世界へ…。

日本で唯一の御神体が笛吹市の神社に

日本で唯一の御神体が笛吹市の神社に
笛吹市春日居町鎮目にある山梨岡神社。
平安時代の『延喜式神名帳』にも記載されている
由緒ある神社に祀られているのは
一本足姿の『夔神(きのかみ)』。

『夔』とは、中国の地理書「山海経」に記された
牛ともイノシシとも言えない蒼い獣のこと。
江戸時代にこの神社を訪れた儒学者の荻生徂徠が
境内にあった木像を「夔」としたのが始まりとか。

雷除けの御利益があるとされる『夔神』は
7年に一度の御開帳のため、次回は2023年の春の例大祭に公開されます。

山梨市万力の「救蟹の伝説」

山梨市万力の「救蟹の伝説」
西関東道路・万力インターからすぐにある長源寺。
1555年に開山されたお寺に伝わるのが…

身の丈3mの怪僧の正体は⁉

身の丈3mの怪僧の正体は⁉
500年ほど前のお話です。
その頃、長源寺は住職が来ても何者かに襲われ、
誰もいつかない寺になっていました。

僧・法印がやって来て夜を待っていると…
闇が広がるとともに不気味な笑い声がしてきました。
すると現れたのは、身の丈3mもある怪僧でした。
怪僧は法印和尚に問答を仕掛けると、すぐさま正体を当てました。
なんと四畳もある甲羅の化け蟹だったのです。

境内には化け蟹の爪の跡が?

境内には化け蟹の爪の跡が?
化け蟹が逃げ出すと、
法印和尚は持っていた独鈷(どっこ)を投げつけ甲羅に刺した!
蟹も反撃!大きな岩を投げつけるも…
あえなく退治されてしまいました。
五色の煙があがり、千手観音様が現れたとか。

長源寺には、化け蟹が投げつけたという大石が。
爪跡がくっきり!
ちなみに、長源寺の山号は「蟹沢山(かいだくざん)」。
今でも境内や周りの畑に沢蟹が見られるそうですよ。

神秘の里にある神社にまつわる伝説

神秘の里にある神社にまつわる伝説
南アルプス市高尾にある穂見神社。
山深い里にある神秘的な神社の境内に
白い馬の木像が納められた厩舎があります。
*通常は施錠されています。

白馬の木像が夜、厩舎から飛び出した⁉

白馬の木像が夜、厩舎から飛び出した⁉
昔々、ある豊作の年に神社にお礼のために
馬を奉納しようとしました。
しかし、ありがたいが山の神社では馬に与える
飼葉がないと困っていました。
するとそこへ彫刻師の左甚五郎が通りかかり、
白馬を彫ってもらいました。
その夜… なんと白馬の木像が厩舎を飛び出して
里の田畑を荒らしてしまったのです。

あまりにリアルな彫刻は魂が宿ってしまうこともあるとか。
素晴らしい彫刻をする甚五郎ならではかもしれません。

甲府の街中に妖怪が出没していた⁉

甲府の街中に妖怪が出没していた⁉
甲府市北口三丁目・愛宕町。
藤川に架かる小さな橋・将運橋には
妖怪伝説が!
ショキショキと音を立て小豆を洗う
『小豆洗い』が出たとか。

妖怪伝説が残る場所は、人里と自然(山・川・海)の境界に多いとか。
山梨にはこの他にも妖怪伝説や地名にちなんだ伝説などが
数多く残っています。
是非、昔は身近に残る伝説を探してみては?

クロちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

バックナンバー

ご意見・ご感想

プレゼントのご応募はこちら

facebook

twitter

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

ゆうちゃんブログ