スゴろくニュース

中部横断道 8月29日に山梨と静岡を結ぶ区間が全線開通 甲府市と静岡市の所要時間は1時間以上短縮 工事難航で当初の計画より4年ほど遅れて開通

2021.07.21 20:23

一部が未開通となっている中部横断道についてです。
山梨と静岡を結ぶ南部区間は8月29日に全線で開通することになりました。
8月29日の午後4時に開通するのは中部横断道の下部温泉早川インターと南部インターの間の約13.2キロの区間です。
これにより双葉から新清水までの74.3キロが全て開通することになります。
この開通で山梨と静岡間の所要時間が約95分と、国道52号を利用した時に比べ1時間以上短縮できる見込みで輸出の促進や観光振興が期待されています。
なお、南部区間はこれまでにトンネル工事の難航などで開通が3回延期されていて当初の計画より4年ほど遅れての全線開通となります。


721日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース