スゴろくニュース

山梨の伝統工芸・水晶貴石細工で作られた武田信玄公像を甲府市に寄付

2021.06.07 20:15

6月7日、伝統工芸の水晶貴石細工で作られた信玄公像が、甲府市に寄付されました。
水晶や赤メノウ、虎目石などで作られた高さ40センチほどの信玄公像。
信玄公生誕500年を記念して、山梨県甲府市で水晶の彫刻を行う河野製作所が、3か月ほどかけて作ったものです。
出陣前の信玄公がイメージされていて、顔は紺虎目石、かがり火には赤メノウを使い迫力を出しています。
甲府市の樋口雄一市長は、甲府市武田氏館跡歴史館、信玄ミュージアムに展示したいと話していました。


67日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース