スゴろくニュース

新型コロナ 県内でクラスター相次ぐ 県は検査体制の拡充など対策強化

2021.06.06 19:23

新型コロナ  県内でクラスター相次ぐ 県は検査体制の拡充など対策強化

障害者施設でのクラスターなど集団感染が相次いでいることを受け、山梨県は検査体制の拡充や行動規範の作成など感染対策を強化する方針を示しました。
県内では5日までに山梨県韮崎市の障害者施設で利用者と職員の計33人が感染するクラスターが発生しています。
これを受け長崎知事は障害者施設の検査体制の拡充など感染対策を強化する方針を明らかにしました。
具体的には今週から職員を対象に1週間に1度PCR検査を行う予定となっていますが、これに加え簡易的な抗原検査のキットを配布します。
また、ワクチンについても職域接種を行うなど職員の優先的な接種を検討するということです。
このほか県内では5日までの1週間で飲食業や観光業、建設業の事業者、計4か所で集団感染が発生しています。
感染が広がった例としてマスクを適切につけずにカラオケをしていたことや、わずかな発熱症状だったので勤務を続けていたことなどが報告されているということです。
こうしたことから県はこれらの事業者に対し業界団体を通じて行動規範の作成を求める考えです。
発熱後に一度、体調が回復した場合でも数日間は出勤せず様子を見ることや飲食や喫煙時に感染対策をとることなどを盛り込むとしていて今後、県がひな型を作成して配布することにしています。


66日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース