スゴろくニュース

新型コロナ感染拡大で大阪の医療機関に派遣 山梨大学附属病院の看護師が山梨に戻る

2021.05.01 20:08

新型コロナ感染拡大で大阪の医療機関に派遣 山梨大学附属病院の看護師が山梨に戻る

新型コロナの感染拡大により、医療体制がひっ迫している大阪の医療機関に派遣されていた山梨大学医学部附属病院の看護師が、4月30日山梨に戻り、感染が拡大する地域の医療の現状などを報告しました。
山梨大学医学部附属病院の山本雅弘看護師は、大阪コロナ重症センターに4月20日から派遣され、新型コロナの重症患者の治療にあたってきました。
10日間の任期を終えて、30日山梨に戻った山本さんは、出迎えた約20人の病院関係者らに感染拡大が続く大阪府の現状や医療体制について報告しました。「重症センターに入っている患者さんの家族も別の病院やホテルで療養しているケースが多く、他の病院で亡くなってしまうこともあった」(山梨大学医学部附属病院 山本雅弘看護師)
山本さんは、5月6日から通常勤務に戻り、集中治療室で新型コロナ重症患者の治療にあたるということです。


51日(土)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース