UTYニュースの星 [特集]〜あの教訓を今に〜「災害の記憶」私たちは災害から学び、未来へ繋げていけるのか。

6月11日(月)

勝沼の山林火災

勝沼で相次いだ山林火災で寺院から仏像も避難。戦後最大の大火の教訓と今の課題を探る。

6月12日(火)

河口湖の増水

1983年に台風で河口湖が増水。ホテル、家屋など50棟以上が浸水した。この台風を教訓にした現在の対策は?

6月13日(水)

富士山で雪しろ

雪崩の一種「雪しろ」が今年38年ぶりに富士山の麓で発生。雪しろの被害にどう備えればいいのか?

6月14日(木)

台風による災害

7人が犠牲になった1991年の台風12号。被害が大きかった大月市の様子を振り返るとともに、今後の防災策を考える。

6月15日(金)

冷夏で米不足

戦後最悪の大凶作となった1993年「平成の米騒動」。天災を経験した県内の米作りに変化はあったのか?