番組

放送内容のご案内 [カラテカ矢部のおもひでスケッチ #62 富士川町鰍沢(3月8日)]

カラテカ矢部のおもひでスケッチ #62 富士川町鰍沢

90年、焼いてます。

90年、焼いてます。
富士川町鰍沢。旧国道52号線沿いに続く鰍沢商店街へ出かけました♪

太郎ちゃんも食べたことがある
『栗せんべい』でおなじみ、松月堂さんへ。
明治32年の創業当時は、富士川舟運の船着き場で
パンなどを販売していたとか。

今も昔もデザイン変わらず

今も昔もデザイン変わらず
昭和2年から焼いているという『栗せんべい』。
初代の焼き型を見せてもらうと… 今とまったく同じデザイン!
昭和30年頃まで、炭火やガスの上に焼き型を沢山並べて、
回しながら手焼きしていたそうです。

栗せんべい 誕生の瞬間

栗せんべい 誕生の瞬間
現在は特注の栗せんべい焼き機で3~4分で焼き上がります。
自家製の白あんをベースに栗や卵などを加えた生地を
絞り出し、焼き型で挟まれ、回りながら進むと…

ほんの一瞬だけ味わえる ソフト栗せんべい

ほんの一瞬だけ味わえる ソフト栗せんべい
あの可愛らしい栗さんたちがどんどん流されてきます。
特別に焼きたてを食べさせてもらうと、しっとりクッキーのような食感!
焼き上がって数メートル、ベルトコンベアの上を流される間に
固くなってしまうんです!!

新たなる『栗せんべい』が誕生か!?

新たなる『栗せんべい』が誕生か!?
今も昔も変わらず愛される甲州銘菓『栗せんべい』。
カリッと固めの食感の栗せんべいですが、
「やわらかい栗せんべいも食べたい!」という要望もあり、
現在『ソフト栗せんべい』を開発中とか。
どんな進化をとげるか、楽しみです♪

草木染めの優しい風合い 杉山江見堂

草木染めの優しい風合い 杉山江見堂
明治32年、木版で刷る引き札や団扇、扇子などの専門店として創業した
『杉山江見堂』さん。
30年ほど前から、天然の素材から抽出した染料を使い、
草木染めの団扇や扇子を作っています。

草木染めでMYうちわを作ってみよう!

草木染めでMYうちわを作ってみよう!
今回特別に、草木染めの団扇作りに挑戦させてもらった太郎ちゃん。
ユネスコ文化遺産にも登録されている本美濃紙を
複雑に折りたたんで、染料でつけ染めします。

4色の染料に順番に浸すのですが、他の色が染み広がらないよう
板締めをしながら慎重に…。

独創的な染め上がりに。

独創的な染め上がりに。
お手本のように花びらが開くように教えてもらったはずが…
朝顔になっちゃいました。
想像していた仕上がりではなかったものの
「これはこれで独創的!」と太郎ちゃん納得の仕上がりです。

鉄で媒染した渋めの色が太郎ちゃんのお気に入り。

糊引きをして、竹の骨に貼り、団扇が完成しました!


そして、今回は団扇にスケッチ。

富士川舟運と、これから春に薄紅色に染まる大法師山の桜を描きました♪


クロちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

バックナンバー

お歳暮10万円相当のグルメ毎日当たる

ご意見・ご感想

通常プレゼントのご応募はこちら
※こちらからはお歳暮プレゼントへご応募できません。

facebook

twitter

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

ゆうちゃんブログ