番組

放送内容のご案内 [ごちキッズ ちぢみほうれん草で『栄養たっぷり恵方巻き』(1月24日)]

ごちキッズ ちぢみほうれん草で『栄養たっぷり恵方巻き』

6丁目ごちキッズ 今回の食材は…ちぢみほうれん草

6丁目ごちキッズ 今回の食材は…ちぢみほうれん草
冬の12月から2月にしか収穫できない
《ちぢみほうれん草》

寒い外で育てられることで
葉が縮まって厚くなり、うまみも甘味もぎゅ~っと詰め込まれるんです!

《美味しいちぢみほうれん草の選び方》
 ●葉が厚くて、色が濃い
 ●茎の下のほうにも葉がたくさん生えている
 ●根が赤っぽいもの


普通のほうれん草も
同じ選び方で美味しいモノを見分けられるよ♪



◆◆ちぢみほうれん草の栄養◆◆
鉄分やβ-カロテンが豊富な旅行色野菜の一つ!
肺や呼吸器系の調子を整える作用もあるので、風邪が流行っている今、オススメです。

夏場のほうれん草と比較して
冬場のほうれん草は
ビタミンCは2倍以上、糖度は5倍にもなるんです!

『栄養たっぷり恵方巻き(4人分)』 材料はコチラ☆

『栄養たっぷり恵方巻き(4人分)』 材料はコチラ☆

ちなみに・・・

恵方巻きは
2月3日の節分に
1年で一番縁起のよい方角(今年は南南東ちょっと右)をみて
食べる風習があります。

起源は大阪の一部地域!
それが徐々に広まって全国的に食べられるようになりました。

《ごはんの準備》

①ごはんと「ほんだし®」、
 瀬戸のほんじお、ごま油を入れてまぜる。

②混ざったら人肌まで冷ます。


★ポイント★
 ご飯が温かい状態で
 「ほんだし®」を混ぜることで、
 溶け易く、全体に味が染み渡ります!

《具材の準備》

★薄焼き卵

③卵をときほぐす。

④塩と水溶き片栗粉を入れてときほぐす。

⑤フライパン全体に油をつけて
 中火にかけ、薄焼きたまごを4枚つくる
→片面が焼けたら
 濡れ布巾の上にフライパンをのせ、
 菜箸を卵の中心の下にくぐらせ、
 くるくる回しながら上に上げると
 上手くかえし易い

⑥サクラの花びら、花形にぬく。



★ポイント★
 片栗粉を入れることで
 薄焼き卵がふっくら、やぶれにくくなります

★牛肉

⑦油をひいたフライパンを中火にかけ、牛肉をいためる。

⑧色が変わったら火を止め、
 「Cook Do® 今日の大皿® 牛肉キャベツ用」を入れる

★ちぢみほうれん草

⑨沸騰したお湯に入れ、
 ぐらぐら沸いたら5秒間ゆでる

⑩水に3~5分つけて冷ます
→普通のほうれん草の場合は
 30秒ほど付ければOKです!


★ポイント★
 長めに水につけることで、
 灰汁の強いちぢみほうれん草の灰汁がとれる
 &彩りも鮮やかになる!

⑪ほうれん草は冷えたら水気を切って4~5cmに切る

 のりは卵の大きさに合わせて切っておく


これで具材はOKです!



⑫巻きすの上に、たまご→のり→ご飯の順番でのせる

★ポイント★

 まきす・・・ツルツルした方が表になる。さらに、糸の結び目の無いほうを手前にもってくる

 おき方・・・まきすの手前のヘリに合わせて食材をおく

 ごはん・・・手前1cm、奥2cmほどすきまを空けてのせると

       上手にまきやすい


⑬肉、ほうれん草をのせ、白ごまをふりかける。

★ポイント★

具材は少し手前側に置くと上手にまきやすい


⑭まく

★ポイント★

・まきすと海苔と卵を一緒に持つ

・中指と薬指で具材を抑えながら、中間まで巻く

・巻きすを元の位置に戻して、残しを巻いていく



⑮両端を切って整える



これで完成!



バックナンバー

ご意見・ご感想

プレゼントのご応募はこちら

facebook

twitter

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

ゆうちゃんブログ