番組

放送内容のご案内 [水曜だっ!6丁目キッチン【厚焼き玉子サンド】(9月13日)]

水曜だっ!6丁目キッチン【厚焼き玉子サンド】

教えてくれたのは・・・

教えてくれたのは・・・
今日のレシピを教えてくれたのは
創業360年の老舗蕎麦店「奥村本店」の十七代目・由井克典さん。

お店のまかないとしても大好評の「厚焼き玉子サンド」ですが、
これからのシーズン、運動会やピクニックのお弁当にもぴったり!

材料はこちら

材料はこちら
●卵(L玉)・・・3個
●牛乳・・・60cc
●水溶き片栗粉(水1:片栗粉1)・・・小さじ1
●昆布茶(粉末タイプ)・・・小さじ1
●バター・・・適量
●サラダ油・・・適量

●食パン(8枚切り)・・・2枚
●マヨネーズ・・・大さじ1
●マーガリン・・・適量

味付けは昆布茶とパンに塗るマヨネーズだけ!
これだけでびっくりするほどおいしい
ふわふわのサンドイッチができるんです。
市販の昆布茶には砂糖や塩、うま味調味料などが含まれているので、
それだけで優秀な調味料なんだとか。

食パンを焼く

食パンを焼く
食パン1枚の片面にマーガリンを塗り、
その面を挟むようにもう1枚の食パンと重ねます。
2枚重ねた状態でオーブントースターに入れ、
キツネ色になるまで焼きます。

重ねることによって2枚一度に焼ける上、
外はサクサク、中はふんわりのサンドイッチに♪

フライパンを温める

フライパンを温める
玉子焼き用のフライパンにサラダ油を引いて予熱します。
箸に卵液をつけてフライパンの上をスッと走らせたときに、
卵液の線がシュワシュワと焼けるくらいが目安です。
ここでしっかりフライパンを温めることが、
きれいな玉子焼きを焼くポイント!

卵液を混ぜる

卵液を混ぜる
卵を切るようにしてよく混ぜたら、
牛乳、水溶き片栗粉、昆布茶を加えてよく混ぜます。
水溶き片栗粉を入れることによって
玉子焼きがふんわりジューシーに!

厚焼き玉子を作る

厚焼き玉子を作る
フライパンがしっかり温まったらサラダ油を拭きとり、
バターを溶かします。
おたま1杯分(目安)の卵液を流し入れ、
表面が乾いてきたところで手前に折りたたみます。

折りたたんだ卵を手前から奥にずらし、
空いた手前のスペースに再びバターを溶かして卵液を流し込みます。
先ほどの焼けた卵の下にも卵液をしっかり流しいれ、
また表面が乾いてきたら奥から手前に折りたたみます。

同様の作業を卵液がなくなるまで繰り返します。
卵が途中で破れてしまっても、
そこに卵液を足して補修できるので安心してください!

厚焼き玉子を挟んで切る

厚焼き玉子を挟んで切る
先ほどマーガリンを塗らなかった食パンの内側にマヨネーズを塗り、
厚焼き玉子を挟みます。
このあと少し寝かせると玉子とパンがなじんで
切りやすくなります。

サンドイッチにピックを刺し、
耳を切り落として適当な大きさに切ります。
ピックを刺すとパンがずれにくくなり、
目安にもなるので切りやすいそうです。
盛りつけのときにも便利ですよね!

サンドイッチを切るときのコツは、
包丁を細かく前後に動かすこと。
力を入れすぎると玉子がつぶれてしまうので注意!

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー