番組

放送内容のご案内 [カラテカ矢部のおもひでスケッチ #42市川三郷町市川大門(7月27日)]

カラテカ矢部のおもひでスケッチ #42市川三郷町市川大門

8月7日は神明の花火大会!

8月7日は神明の花火大会!
JR身延線市川大門駅を降りると、なにやら幟旗を立てている人が。
市川三郷町役場の秋山さん。なんと神明の花火をPRして欲しいと「神明ポロシャツ」(2000円)をいただいちゃいました。花火資料館と三珠庁舎で売っているポロシャツに着替えた太郎ちゃん、”市川三郷町市川大門”(お膝元ですが)でPR。

花火大会のルーツは神明社のお祭り

花火大会のルーツは神明社のお祭り
神明の花火大会のルーツは、役場本庁舎の近くにある八乙女神明宮(神明社)のお祭りで盛大に花火を打ち上げたところから。
神明社は和紙の原料を伝えた天日鷲命を祀っていて、和紙製造を町に広めた甚左衛門の命日に祭事を行なっている。町立製紙試験場の小林さんに神明社と花火の関係について話を伺いました。

市川大門唯一の手漉き和紙職人 豊川秀雄さん

市川大門唯一の手漉き和紙職人 豊川秀雄さん
以前は250軒以上あった市川の手漉き和紙工場も、現在では豊川製紙1軒だけになってしまった。
伝統の手漉き和紙を守り続ける豊川さんはやまなしの名工にも選ばれている。

太郎ちゃんも手漉き和紙に挑戦

太郎ちゃんも手漉き和紙に挑戦
豊川製紙では、一人500円で手漉き体験ができる。
太郎ちゃんもスケッチ用の紙を自分で漉いてみたいとお願い。
完成したのがこちら。
絵の具の吸い込み方が違うらしいです。

パンのはなの新作「はな花火ぱん」

パンのはなの新作「はな花火ぱん」
市川で評判のパン屋さん、パンのはなでは、神明の花火に合わせて新作のパンを製作、7月28日から8月7日まで販売する。太郎ちゃんがその名前を決定(?)
「はな花火ぱん」となりました。お店は日曜月曜が定休日ですが、神明の花火の当日、月曜日はお店をオープンしてくれるとのこと。

きんこう堂も「華どら」発売中!

きんこう堂も「華どら」発売中!
市川大門の老舗和菓子店、きんこう堂でも神明の花火に合わせて新作和菓子を制作。
白餡に青梅の蜜漬けをトッピング、どら焼きの皮に花火の焼印を押した夏にピッタリのどら焼き。
8月いっぱい販売するとのこと。

マルゴー

マルゴー
神明の花火を支えているのは、町の打ち上げ花火業者。その中のマルゴーを訪問。斉木社長に打ち上げの筒や、打ち上げ場所になる笛吹川の土手を案内してもらう。

出来上がったスケッチは

出来上がったスケッチは
太郎ちゃんが自ら漉いて作った和紙をキャンバスに、まだ見ぬ神明の花火を描いてみました。
これは、パンのはなの「はな花火ぱん」ときんこう堂の「華どら」です。

クロちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー