番組

放送内容のご案内 [水曜だっ!6丁目キッチン【リヨン風お肉サラダ】(7月12日)]

水曜だっ!6丁目キッチン【リヨン風お肉サラダ】

教えてくれるのは・・・

教えてくれるのは・・・
「Restaurant さくら茶屋 La Passion」(韮崎市)の小林裕一シェフ。
「リヨン風サラダ」はフランスの食の都・リヨン地方で食べられているサラダ。
お肉と夏野菜でボリュームたっぷりなので、
フランスでは前菜というより主菜として食べられているそうです。

特徴は以下の4つ。
①ポーチドエッグが載っている
②ベーコンやレバーなどお肉が入っている
③マスタードの利いたドレッシング
④クルトンが入っている

材料はこちら

材料はこちら
この他にもキュウリやブロッコリーなど、
マヨネーズに合う野菜ならなんでも使えます。
今の時期だと水ナスなどもオススメだとか。
鶏レバーはスーパーのお肉コーナーでも手に入るそうですよ。

野菜の下ごしらえ

野菜の下ごしらえ
サニーレタスは食べやすい大きさにちぎってよく洗います。
玉ねぎは薄切りにして5分ほど水にさらし、
少し揉んで辛みを抜きます。
トマトはくし切りにします。

ポーチドエッグを作る

ポーチドエッグを作る
お酢を入れたお湯を沸騰させたら
泡がふつふつと立つくらいに火加減を調整し、
あらかじめ割っておいた卵をそっとお湯に落とします。
お好みの固さになるまで2~3分ほどゆでて、
穴の開いたおたまなどですくいます。

ポイントは新鮮な卵を使うことと、
冷蔵庫から出したばかりの冷えた卵を使うこと!

ベーコンと鶏レバーを炒める

ベーコンと鶏レバーを炒める
厚切りベーコンは1cm角に切り、
フライパンで焼き色がつくまで香ばしく炒めます。
鶏レバーも1cm角に切り、塩コショウを振ります。
サラダ油を敷いたフライパンで、
水分が飛んで焼き色がつくまで強火で炒めます。

ドレッシングを作る

ドレッシングを作る
マヨネーズ、粒マスタード、牛乳、酢を混ぜるだけ!

盛り付け

盛り付け
お皿に野菜とお肉を盛り付けてドレッシングをかけます。
ポーチドエッグをのせて
クルトンをたっぷりかけたら完成です!
スタミナたっぷりでおかずにもお酒のつまみにもピッタリ♪

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー